飛鳥Ⅱ 2021年ゴールデンウィーククルーズをバーチャルクルーズ

飛鳥Ⅱ 2021年ゴールデンウィーククルーズをバーチャルクルーズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

飛鳥Ⅱのゴールデンウィーククルーズは、4月29日~5月5日までの7日間のクルーズが発表されています。

ゴールデンウィーククルーズは、ただでさえ即日満室必至なのに、コロナ禍による欲求不満が爆発する可能性があるので、部屋数が少ないDトリプル(3人部屋)をご希望の場合はすぐに予約をする方がいいと思います。

▶ベストワンクルーズオンライン予約

ベストワンクルーズは、発売開始前に事前予約を受け付けているので、善は急げです。

今年のゴールデンウィークも、恒例の桜前線追いかけっこクルーズなので、桜満開の弘前城や
五稜郭が楽しめます。
2021年4月29日出発
ゴールデンウィーク青森・北海道クルーズ 7日間

4月29日 横浜港 出発 17:00
4月30日 終日航海
5月1日 青森港 寄港 10:30~17:00
5月2日 函館港 寄港 9:00~17:00
5月3日 釧路港 寄港 9:00~17:00
5月4日 終日航海
5月5日 横浜港 帰港 9:00

<1日目>横浜港を17:00に出港予定。日本船なので急ぐ必要はありません。15:00くらいまでに大さん橋に到着して、大さん橋から飛鳥Ⅱを堪能しましょう。
大さん橋の飛鳥Ⅱ

夕食は、1回目17:15からと2回目19:45からの2つあります。
どちらがより楽しめるでしょうか?

この、ゴールデンウィーク青森・北海道クルーズ 7日間
は、たぶんフォーマルナイト(ガラディナー)が2回、終日航海の日にあると思いますので、1日目はインフォーマルディナーなので、ちょっとしたパーティーにお呼ばれした時や、有名店でディナーをする感じの服装でいいと思います。

<2日目>終日航海日なので、朝からイベント盛りだくさんです。
食事は、普通はオープンシーティングなのですが、感染症対策で誰がどこにいたかを把握するため、全席指定が続くのではないでしょうか。そして、春の日ディナーと銘打ったフォーマルデーですので、結婚式のパーティー会場くらいのおめかしを忘れずに。
船は、三陸海岸を北上します。

<3日目>青森港に入港します。10:30入港ですので、朝ご飯を済ませると7階プロムナードデッキから、接岸の様子を見ます。ベランダからよりも階が下なので、より面白いです。
青森に付いたら、青森駅までのシャトルバスに乗り、青森駅から弘前駅に向かいます。
11:22発の快速列車680円で38分、12:41発の特急つがる4号2180円で37分の列車の旅です。

弘前駅から、100円バスという循環バスがありますので、「土手町循環バス」か「ためのぶ号」に乗れば、市役所前で降りれば弘前城は目の前です。「ためのぶ号」は、ねぷた館前にも行きますので、そちらで降りてねぷた館に行った後、徒歩で弘前城に行くのもいいと思います。

とか言ってると、出港の時間が近づいています。14:47発のつがる3号2180円で青森駅に15:21到着。遅くても15:34発普通列車680円に乗らないと、船においてかれますのでご注意を。

青森はもう少し時間は欲しかったですねー

<4日目>函館港に入港します。昨日より早くて9:00に入港なので、早めに朝食を済まてプロムナードデッキへ。岸壁が右舷化左舷かわかりませんので、ベランダの人もプロムナードデッキにGOです。
JR函館駅までのシャトルバスが出るはずですので、ひとまず函館駅に向かいます。
函館駅から、函館朝市に向かいます。朝市といってもお昼過ぎまでやってますので、お昼ご飯の目星をつけておきましょう。今はまだ食べませんよ。
そのまま開港通りを南にまっすぐ進むと、函館山ロープウェイ山麓駅があります。約2kmあるので、歩くのがつらい方はタクシーで7分くらい、市電で函館電停から十字街電停まで210円のれば、あと600mくらいですね。
ロープウェーは往復1500円、函館に来たんだからロープウェーだけは乗っておきましょう。
帰りにも函館朝市によって、昼食です。
昼食が終われば、市電の函館電停から五稜郭公園前電停で下車し、徒歩10分で五稜郭タワー900円に向かいます。タワーに上らないと普通の桜のきれいな公園にしか見えないんですよね。
市電の五稜郭公園前電停から函館電停で降りて徒歩5分、青函連絡船記念館摩周丸500円に行ってみましょう。青函連絡船に乗ったことが無い人でも、なぜか懐かしい感じがします。
JR函館駅まで徒歩4分、シャトルバスで飛鳥Ⅱに戻ったら、とりあえずビールで乾杯でしょうか。
今日のディナーはインフォーマルディナーですので、きちっとした服ならなんでも大丈夫です。カジュアルな格好はダメですよ。

<5日目>釧路港に入港します。函館の時と同じ9:00に入港です。
JR釧路駅までシャトルバスが出ると思いますので、JR釧路駅に向かいます。
釧路では、おすすめがレンタカーです。電車やバスでの移動は、本数が限られていてなかなか思うようにいきません。電車で観光するなら、釧路駅から釧路湿原駅まで18分、そこから1時間ほど散策するのが精一杯かと思います。
レンタカーなら、釧路湿原を抜けて、摩周湖や屈斜路湖、がんばれば阿寒湖まで制覇できるでしょう。
今日のディナーもインフォーマルディナーですので、ニュースキャスターくらいの服装でいいんじゃないでしょうか。

<6日目>今日は最後の終日航海日なので、船内を満喫しましょう。
そして、今日は30周年のアニバーサリーディナーと銘打ったフォーマルデーですので、フォーマルな服装で参加しましょう。本格フルコースが楽しめる特別なディナーです。

<7日目>最終日、9:00に入港で、10:00くらいには下船開始なので、朝ご飯はしっかりと堪能しましょう。
船内から、横浜の街がきれいですので、12階スカイデッキからの写真もお忘れなく。
大さん橋の横浜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする