ドライアイの治し方完全版

ドライアイの治し方完全版

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

益々元気なまめパンです。

公務員時代はすっとパソコンに向き合って仕事をしていたので、ずっとドライアイに悩まされてました。でも、あることをきっかけに、ドライアイが完全に治ったので、ドライアイの治し方をご紹介します。なんで誰も教えてくれないの?って感じですよ。

昔からずっと視力は悪くなかったのですが、歳を取るたびに、こんな症状に悩まされてきました。

目が痛くて開けてられない
光がまぶしく感じる
涙が出てきて目にしみる
夜には目が開けてられない

ドライアイ
パソコン画面をずっと見てるから疲れ目だろう、やっぱりもう歳だから仕方がないのかもしれない、と半ばあきらめていました。

でも、少しでも改善できればと、一念発起で眼科に駆け込んだのです。

そこで言われたのが・・・

眼科
「あー、まめパンさん遠視ですね。」

遠視ってなんだ?

遠くを見る能力が高いの?サンコン??と思いましたが、遠くがよく見えるわけじゃなく、近くを見るのに目を酷使しているということらしいです。

若いころは、近くを見るのにがんばってピント調整しても、若いからなんともなかったけど、歳を取るたびに目を酷使して疲れ目→ドライアイになるんだそうです。

そこで進められた対処法が、メガネです!

近くを見るためのメガネ・・・いわゆる老眼鏡ですね。

怒るハムスター
なんだよ、老眼鏡ってオチかよ!プンプン

ってバカにしちゃだめですよ。本当にこれだけでドライアイとおさらばできたんですから。だから、老眼鏡とは呼びません。名付けてお仕事専用メガネです。

眼科で、視力を測ってもらうのですが、いわゆる学校の身体測定のような視力ではなく、メガネのレンズをとっかえひっかえして、一番楽に見える度数を探すというものです。メガネを作ったことがある人は当たり前なんでしょうが、なんと原始的!と驚きました。

今考えると、眼科に行かず眼鏡屋さんで出来ることなんですが、ずっと視力が良く眼科に縁がなかった私には、目の病気も怖かったので、眼科に行ってよかったと思います。

メガネが光る人
そして、この眼科初体験のおかげで、メガネって素晴らしい!って思いました。

コツは、仕事などで長時間見るものに合わせてメガネを作ることです。私は、パソコンの画面の距離に合わせてメガネを作りました。乱視もあったので、度数選びは難航しましたが、出来上がったメガネを付けたらもう感動でした。

ほんとに、無限にパソコンの画面を見てられるんです。無限メガネです。ドラえもんの道具並みに感動です。

呼んだ?
今となっては、ドライアイ?はあ?なにそれ?って感じ。

今では、本を読むのにぴったりメガネとか、テレビにぴったりメガネなども作って、目をいたわってます。目が頑張らなくてもよく見えるように手伝ってあげれば、目は全然疲れないんです。

ほんとにサイコーです!お試しあれ

あれ?

益々元気なまめパンです。 「老眼鏡」って売っているものが老眼鏡だと思っていませんか? 100円ショップにも「老眼鏡」が売っていま...
益々元気なまめパンです。 私が初めて老眼鏡とやらを購入したのは、ドラッグストアでした。 小さな文字の説明書がどうしても読めな...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする