にっぽん丸が瀬戸内海クルーズを多数追加

にっぽん丸が瀬戸内海クルーズを多数追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

商船三井客船のにっぽん丸が、2021年1月~3月のクルーズを追加発表しました。

瀬戸内海を中心としたクルーズですが、瀬戸内海を寄港地とするコースと、瀬戸内海をクルーズするコースがあるので、気を付けなければいけません。

例えば、2月8日出発の「安芸の宮島クルーズ 4日間」は、2月8日17:00に大阪港を出港します。
翌日の朝9:00に寄港地の宮島に到着するわけですから、瀬戸内海クルーズは真夜中に行われます。
帰りは、17:00に宮島を出港して翌日の朝9時に大阪港に入港ですから、またもや瀬戸内海クルーズは真夜中となり、瀬戸内の風景はあまり楽しめません。

次に、2月22日出発の「とことん生口島クルーズ 3日間」は、2月22日14:00に神戸港を出港するわけですから、明石海峡大橋は明るい時間に通行し、瀬戸大橋は夕景となると思います。
帰りは、神戸港に14:00に入港するわけですから、明るい時間に瀬戸内海クルーズを楽しむことができるのではないでしょうか。

ただし、2月22日の瀬戸内海クルーズを楽しめそうなコースは、寄港地が生口島というちょっと微妙なところ。初めて瀬戸内海を訪れる人は、宮島のほうが良いって思いますよね。

宮島寄港で瀬戸内海クルーズが楽しめる時間にナゼしないかは、寄港できる時間に差があるのではないかと思います。
瀬戸内海を明るい時間にクルーズするためには、寄港地を朝出発する必要がありますが、何かしらで宮島は朝まで停泊することができない理由があるのでしょう。でも生口島はウエルカム状態で大丈夫なのでこんなコースが設定できたのではないかと推測できます。

寄港地なんていらないから、瀬戸内海クルーズを満喫したい!って人は、2月15日出発の「美食の船旅 瀬戸内海クルーズ 3日間」がおすすめ。
なんせ、無寄港で瀬戸内海クルーズだけ満喫できます。
瀬戸内海クルーズ
さらに、美食の船旅という題名が付き、セミフォーマルの日が1日ありますので、他のコースと違い豪華な食事が期待できます。

私は、2月15日出発の「美食の船旅 瀬戸内海クルーズ 3日間」がいいなー

・2021年1月25日
伊勢と瀬戸内海周遊クルーズ 4日間
・2021年2月4日
瀬戸内夕景クルーズ 3日間
・2021年2月8日
安芸の宮島クルーズ 4日間
・2021年2月11日
瀬戸内小島探訪クルーズ 4日間
・2021年2月15日
美食の船旅 瀬戸内海クルーズ 3日間
・2021年2月18日
瀬戸内美術館探訪クルーズ 4日間
・2021年2月22日
とことん生口島クルーズ 3日間
・2021年2月25日
瀬戸内 味めぐりクルーズ 4日間
・2021年3月1日
ぐるっと四国クルーズ 4日間

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする